PAGE TOP

空に吹くつむじ風の音

生きていく上で、「コロッケ」の意味合いってなんなんだろう。無関心と言えるだろうか。「カレ」は、君にとってはどんな意味があるんだろう。
TOPPAGE

雹が降った大安の朝にゆっくりと

プレゼントとして親友に貰ったこの香水は、穏やかな匂い。
ぴったりな香水を頭に置いてチョイスしてくれた香りで、大きくないボトルでリボンがついているのが可愛い。
香りも香水ボトルもどんなに大きくいっても華やかとは言えないものだ。
ストアには多くの香水が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
大きさは小さい。
上品で重宝している。
外に出る時だけでなく、出張の時もバッグの中に、家で仕事をするときは机に必ず置いている。
なので、バッグの中は、どれもこの匂い。
だいたいいつでもつけているので、つけていないときは、今日あの香りしないと気づかれる場合もたまに。
店でたくさんの香水をつけるのは好きだが、この香りが今までで最高に気に入ったものだ。

月が見える木曜の夜にひっそりと
おじさんが少し前に朝から釣りにいつもの場所に行ったらしいが、夕方までやっても少ししかかからなかったらしい。
アジゴがいっぱいで、フカセ釣りが難しかったらしい。
だけれども、しかし大物のの40cmクラスがあげれたらしいから、いいなと思う。
昔、わけてもらって新鮮なうちに口にしたがとってもおいしく印象に残っている。
50cmもあってうまい魚がいると知ったら釣りに出かけたくなるが、また今度だ。

寒い大安の日没は立ちっぱなしで

息子の4歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何に決めようかを迷っている。
嫁と相談して、体で遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見て決めることにしたけど、これだというものがない。
だけれど、子供に近くにいかせてみたら、以外とあっさりと決めることができた。
秘密基地というおもちゃに一生懸命だったから、これに決めた。
ただ、部屋が窮屈なので、小さめの折りたたみ可能なものに決定した。
値段もわりと安かったので、よかった。

蒸し暑い祝日の午後は目を閉じて
仲のいい子とお昼時に遊びに行こうと約束をしていた。
いつもの駅の待ち合わせスポットになっている大きめのエスカレーターの下。
すると、30分くらい待たせることになるとメールが入った。
巨大なテレビの前は待ち合わせ地点なので、待ち人も時間が来ると去っていく。
携帯で曲を聴きながら、それを見ていた。
それでも時間を持て余してたまに行くカフェに入り、アイスティーを飲んでいた。
30分たって、友人が遅くなってごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタにしようとの事。
色々調べてみたけれど、いい店を探しきれなかった。

自信を持って話す子供とぬるいビール

私は、肌が弱く、パウダーはもちろん使用できないし、洗顔石鹸も一部だけだ。
従って、フルーツやサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、長らく摂っているのがコラーゲンだ。
コーヒーに溶かして、毎晩飲んでいるけれど、多少は肌がつやつやになった。
そして、実行してから実感するまで即効性があったので、感心した。

湿気の多い木曜の朝は座ったままで
今時のネイルサロンは、バイオなど、とても高度な技術が駆使されているようだ。
少しだけサービスのある招待状をくれたので行ってみた。
かなり、カラーやシンプルさに対して、優柔なので、デザインを伝えるのに時間を使った。
薬指だけシンプルなアートをしていただいて、かなりテンションが高くなれた。

悲しそうに口笛を吹く子供と季節はずれの雪

知佳子とNYのAbercrombie & Fitchにショッピングに行った。
私たちはAbercrombieのシンプルなデザインが大好き。
また、入った時の薄暗さと、この香りが。
1時間程度みて、店を後にした。
すると、私は歩道を占領して歩いていたので、失礼しました!と言い振り返った。
すると、店にいた男性。
笑いながら、ありがとう、と言われた。
驚いたのは、彼の荷物。
アバクロンビーでどんだけ買い物したの?と疑問が生じた。
次に入店した、スタバでチカコとそのお兄さんの職業当てで話が弾んだ。
答えは永遠の謎だ。

汗をたらして熱弁するあいつとよく冷えたビール
江國香織の物語に登場する女の人は、陰と陽を持っていると思う。
不倫を肯定化する。
恋だと思わせつつ、運命的に大切に思っているのは別のたった一人。
という主人公が多々いるような気がしませんか。
不貞行為を陰だと置くと、結婚生活は陽。
ふと、別人が入ったように陰が襲ってくる。
不倫に対する善悪の区別は置いておいて、そのストーリーの女性を研究する。
私の中に新しい恋愛観や価値観が姿を見せることもある。

陽気に跳ねる君と枯れた森

大学生のころよりNHK教育テレビを見ることがめちゃめちゃ多くなった。
昔は、両親や祖母が見ていたら、民放のものが見たいのにと思っていたが、このごろは、NHKも視聴する。
楽しいものがとっても少ないと思っていたのだけども、近頃は、年配向け以外の番組もふえた。
そして、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
そして、攻撃的でないもの番組や息子に悪影響がとても少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンですらめちゃめちゃ攻撃的だと思う。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

蒸し暑い祝日の午後は微笑んで
少し前まで、入社して多くの人に囲まれて仕事をしていた。
だけど、3年が経過すると、人と一緒に働くのが向いていないと実感した。
働く時間が長い上に、チームプレイで進めるので、仕方のない事だが、噂話が多数。
それを元に、仲よくすれば世渡り上手になれるのかもしれない。
どう考えても、時間の無駄としか思えない運命なのだ。
その上、ペースが遅い人に合わせて進めるという我慢ができない、早い人についていけない。
普通は、努力不足!と感じるだろうが、家族には運命なのだと言われた。

Copyright (C) 2015 空に吹くつむじ風の音 All Rights Reserved.